ホーム > 利用規約 > ショートステイ

利用規約


特養 ショートステイデイサービス居宅介護支援

特別養護老人ホーム常楽園 特養利用規約

常楽園はご契約者に対して指定介護福祉サービスを提供します。施設の概要や提供されるサービス内容、契約上ご注意いただきたいことを次の通り説明します。 常楽園への入所は、原則として要介護認定の結果「要介護」と認定された方が対象となります。

1.施設経営法人

社会福祉法人 富山聖マリア会(認可/1969年9月8日・厚労省社第546号)
                (法人設立/1969年9月16日)   
富山県富山市星井町二丁目5番地(〒930-0065)   
電 話 076-421-6962 FAX 076-421-6939   
代表者 理事長 廣瀬 康夫

2.ご利用施設

・事業開設年月日  1990年4月1日(開設時定員50名・現在80名)
・施設の種類  指定介護老人福祉施設
        2000年2月14日指定  事業所番号 1671600193号
・施設の目的
常楽園では、一人一人の職員が「信・望・愛」を基本精神とし、施設を利用される方に悦びと安心の生活を楽しんでいただきます。人生の先輩に対する尊敬と崇拝の気持ちを大切に、より良いお世話をさせて頂きます。 生き生きとした日常生活に優しくお手伝いし、美味しい食事を愉しんでいただきます。
人権を大切にしつつ、思いやりのある言葉を交えて、心からじっくり話を聴きます。
心身の機能を極力伸ばすよう心がけつつ、必要な介護には時間と手間を惜しみません。
基本的技術と専門性の向上を重視しつつ、状況により個別的に最善の介護をいたします。
地域の高齢福祉の拠点として、常楽園を自他ともに利用したくなるような施設といたします。  
・施設の名称   特別養護老人ホーム 常楽園
・サービスの種類 介護福祉施設サービス
・施設の所在地  富山県中新川郡上市町舘209番(〒930-0474)
         電話 076-472-3993  FAX 076-472-6967
         ホームページ http:// www. seimaria. jp/jyorakuen/
         Eメール jyorak@seimaria. jp
・施 設 長   城石 芳人
・入所定員(特養) 80名

居室の概要
当施設では以下の居室・設備をご用意しています。入居される居室は、下表の通りの部屋ですが、特別な事情などで特に個室への入居をご希望される場合は、その旨お申し出下さい。但し、ご契約者の心身の状況や居室の空き状況によりご希望に沿えない場合もあります。 特別養護老人ホーム常楽園では以下の居室・設備をご用意しています
*グループ移動などによって入居者・短期入所の居室の変更などがあります。
2013.11.1現在

居室・設備の種類 室数 備考
個室(1人) 12室 12名  1人当り 16.54m
2人部屋 6室 12名       13.04
4人部屋    14室 56名       9.07
合計   32室 80名

食堂 東館 2   西館 2
リハビリ室(機具) 肩関節滑車運動器 1
平衡歩行訓練機  1
浴室 特殊浴槽1 中間浴槽1 個別浴槽1 一般浴槽2
医務室(診療室) 隣接して静養室完備

その他天井走行リフトを13機設置し、ご利用者に快適で安全な生活を送っていただいています。

3.営業日及び利用定員

窓口受付時間 月曜日から土曜日までの午前9時から午後5時まで
利用定員 80名


4.施設利用対象者

(1)当施設に入所できるのは、原則として介護保険制度における要介護認定の結果、「要介護」と認定された方が対象となります。また入所時において「要介護」の認定を受けておられる入所者であっても、その後「要介護」認定者でなくなった場合には、退所していただくことになります。
(2)入所契約の締結前に、事業者から感染症等に関する健康診断を受け、その診断書の提出をお願いする場合があります。このような場合には、ご契約者は、ご提出にご協力くださるようお願いいたします。

5.職員の配置状況

ご契約者に対して指定介護老人福祉施設サービスを提供する職員として、以下の職種の職員を配置しています。  ※ 直接処遇職員(介護・看護)は入所者3人に1人配置を基準としています。 (職員の配置状況)職員配置については、指定基準を遵守しています

  配置職員数 職務内容
  特養 指定基準  
施設長 1名 1名 理事会の方針に従い施設の運営管理を統括し施設を代表する
事務職員 3名   財産、共用物品の管理、物品調達受け払い、文書収発等の庶務を行う
生活相談員 1名 1名 処理計画の作成、生活相談、苦情処理、施設への入退所、教養娯楽、行事計画、ボランティア受け入れ、他機関との連携を行なう
介護支援専門員 1名 1名 要介護度に応じたサービス計画の作成・内容調査を行う
介護職員 38名 27名 日常生活の介護(食事・入浴・排泄)と介護計画の樹立、心身の把握を行なう
看護職員 5名 3名 医師の指示による傷病、看護、保健衛生指導指計画の樹立、健康状態の把握 必要な処置を行なう
機能訓練指導員 1名 1名 利用者の機能訓練にあたり機能の減退を防止する
管理栄養士 1名 1名 献立作成、嗜好調査、食品発注検収、栄養指導を行なう


6.契約締結からサービス提供までの流れ

ご契約者に対する具体的なサービス内容やサービス提供方針については、入所後作成する「施設サービス計画(ケアプラン)」で定めます。「施設サービス計画(ケアプラン)」の作成及びその変更は次の通り行います。(契約書第2条参考)




7.提供サービスと利用料金

  介護保険給付対象となり、利用料金が介護保険から給付される場合
介護保険給付対象外で、利用料金の全額をご契約者に負担していただく場合
があります。

(1)介護保険給付の対象サービス(入所契約書第3条・参照)    
以下のサービスについては利用料金の大部分(通常9割)が介護保険から給付され ます。    
残りの1割を利用料金の自己負担分としてお支払いいただきます。    
○ 食 事(但し、食費(食材料費・調理費用)は、保険給付対象外です。)     
・入所者ごとの栄養状態を定期的に把握し、個々の入所者の栄養状態に応じた栄養管理を行うように努め、摂食・嚥下機能その他の入所者の身体の状況や、食形態、嗜好等にも配慮した適切な栄養量及び内容の食事を提供します。 ・ご契約者の自立支援のため離床して食堂にて食事をとっていただくことを原則としています。     
・食事時間      
朝食/07:30~  喫茶/10:00~11:30  昼食/12:00~      
おやつ/15:00~  夕食/18:00~     
※ご希望にあわせてお好きな時間に召し上がって頂けるように配慮します。    

○ 入 浴
・入浴又は清拭を週2回以上行います。
・寝たきりでも特殊(機械)浴槽を使用して入浴していただきます。
※ご希望にあわせてお好きな時間にできるだけ入浴して頂けるように配慮します。

○ 排 泄
・排泄の自立を促すため、ご契約者の身体能力を最大限活用した援助を行います。

○ 機能訓練
・機能訓練指導員により、ご契約者の心身等の状況に応じた日常生活を送るため に必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練を実施します

〇 健康管理(但し、医療機関への受診やインフルエンザ予防接種、予防タミフルに 係る費用は保険給付対象外です。)
・嘱託医師や看護師、看護職員が健康管理を行います。
・年1回の定期健康診断を実施しています。
・年1回、インフルエンザ予防接種を実施いたします。 (実費相当額1回:1,500円)


○ 栄養管理
・管理栄養士により、栄養並びにご契約者の身体の状況および嗜好を考慮した献立を提供します。
・ご契約者の栄養状態や摂取状況に応じた栄養ケアを行います

○ 自立への支援
・寝たきり防止のため、できるかぎりの離床に配慮します。
・生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
・女性利用者を対象に、希望者には同性介護を実施しています。
・夜間はオムツを使用している利用者も昼間はできるだけトイレに誘導します。
・一泊旅行、外食、保育所訪問、買い物など、外出の機会を多く設けます。
 
(2)介護保険給付対象外のサービス(入所契約書第4条・参照)
以下の料金は、全額がご契約者の負担となります。
○食 費     
食材料費及び調理費用です。     
1,750円/日 (ただし、食費負担限度額認定者はその負担限度額となります。)    

○居住費     
ご契約者の心身の状況や居室の空き状況によりご希望にそえない場合もあります。     
個室: 1,150 円/日  2~4人部屋: 320 円/日  
   
○ 理髪・美容料や、日常的な生活用品等の実費   

○ 貴重品の管理
ご契約者の希望により、貴重品管理サービスをご利用いただけます。
・200 円/月(ご利用されるか否かは、ご契約者の自由です。)

○ レクリエーション

主なレクリエーションと行事実績(平成24年度)

4月   花見(常願寺川公園他)白萩西部小学校来園
5月 陽南小学校児童来園 日帰り旅行(楽今日館)
6月 市姫神社祭り 山王祭り 花の日礼拝(鹿島町教会・富山聖マリア保育園来園)
7月 大岩ソーメンツアー 柿沢地区社会福祉協議会による草むしり
8月 大岩ソーメンツアー 家族交流会(納涼祭)
9月 陽南小学校運動会参加
10月 地域交流会 富山聖マリア保育園児来訪 舘の神輿
11月 陽南校下文化祭参加 障子張り(上市町婦人会)陽南小学校来訪 収穫感謝(富山聖マリア保育園児来訪)秋の1泊旅行(五箇山)
12月 餅つき会(家族と共に) クリスマスの聖劇(富山聖マリア保育園)
1月 初詣(大岩山・市姫神社)書初め めぐみ保育園来訪 白萩西部小学校来園 
2月 陽南小学校来園
3月 舘の神輿

※ 隔月で、富山聖マリア教会管理司祭によるキリスト教の礼拝を行います。    
※ 保育所訪問やショッピング・食事・「美容院の日」などの様々な外出を度々 予定しています。      
※ 選択食(主食・副食)・バイキング食(週1回)があります。      
※ 喫茶「らくえん」は、土曜・日曜・祭日を含め、毎日開店します。(午前10時~11時30分)
※ 大型ビデオによる時代劇や歌謡ショーなどの映画会を実施します。      
※ 歌唱教室・生け花教室・お菓子作り教室を開催します。    


入所生活介護利用料金表(従来型個室利用)





入所生活介護利用料金表(多床室利用)


※1.当施設では、要介護度の高い高齢者等に対して、より質の高いケアを実施するため、入所者のうち、要介護度4~5の割合が65%以上又は認知症日常生活自立度がⅢ以上の割合が60%以上で、介護福祉士を入所者の数が6又はその端数を増すごとに1名以上配置しています。この体制評価として上記の日常生活継続支援加算が算定されます。
※2.当施設では、常勤の看護師を担当者として1名を配置して、協力病院の医師や介護職員等と連携し、ご契約者の健康管理を行います。この体制評価として上記の看護体制加算(Ⅰ)が算定されます。
※3.当施設では、看護職員を入所者数が25又はその端数を増すごとに1名以上を配置し、24時間の連絡体制(夜間においても施設から連絡し、必要な場合には施設からの緊急の呼出に応じて出勤する)を確保し、ご契約者の健康上の管理等を行います。この体制評価として上記の看護体制加算(Ⅱ)が算定されます。
※4.当施設では、夜勤を行う介護職員又は看護職員の数を、最低基準を1以上上回って配置しています。この夜間における手厚い職員配置に対する評価として上記の夜勤職員配置加算が算定されます。
※5.当施設では、ご契約者ごとに栄養ケア計画に基づいた栄養管理を行います。ご契約者またはその家族から栄養ケア計画に対する同意を得た場合、上記の栄養ケアマネージメント加算が算定されます。
※6.当施設では、ご契約者ごとに個別機能訓練計画に基づき機能訓練指導員により、ご契約者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を行います。ご契約者またはその家族から個別機能訓練計画に対する同意を得た場合、上記の個別機能訓練加算が算定されます。
※7.当施設では、認知症である入所者が全入所者の3分の1以上をしめ、精神科を担当する医師による定期的な療養指導が月に2回以上行われます。この体制評価として上記の精神科医師療養指導加算が算定されます。
※8.平成24年4月1日より介護職員処遇加算が創設され、当施設は同加算(Ⅰ)の対象となりますので、①~⑧の所定単位数に2.5%を乗じた単位数で算定されます。


〈個別の加算等〉
○初めてのご利用の場合、また30日を超える入院後等の再入所の場合、以下の料金(1日あたり:円)が30日間加算されます。

初期加算 300
うち介護保険から給付される金額 270
上記加算に係る自己負担金 30

○ご利用者が入院又は外泊をされた場合の介護保険給付の対象となる利用料金(1日あた り:円)は下記の通りとなります。但し、1月につき7泊(6日分)が限度です。月をまたがる場合は最大連続で13泊(12日分)が上限になります。

外泊時費用 2,460
うち介護保険から給付される金額 2,214
上記加算に係る自己負担金 246

※ 介護保険の給付額に変更があった場合は、変更された額に合わせて、ご契約者の負担額を変更します。
※ 上記以外の介護保険給付対象外の料金等については、別途お支払いいただきます。 (4)利用料金のお支払方法(入所契約書第6条・参照)   
前記・のサービス利用料金は1か月ごとに計算し、翌月の10日頃までにご請求しま すので、請求月内に以下のいずれかの方法でお支払い下さい。(1か月に満たない期間の サービスに関する利用料金は、利用日数に基づいて計算した金額とします。)
ア. 当施設窓口での現金支払い
イ. 金融機関からの自動引き落とし
ウ. 指定口座への振り込み   



8.入所中の医療の提供について  

・医療を必要とする場合は、ご契約者の希望により、下記協力医療機関において診療や入院治療を受けることができます。
(但し、下記医療機関での優先的な診療・入院治療を保証するものではありません。また、下記医療機関での診療・入院治療を義務づけるものでもありません。)
・嘱託医が月6回程度(内科:4週4回 精神科:4週2回)かみいち総合病院から回診致します。
・契約者の健康状況に異変、その他緊急事態が生じたときは速やかに嘱託医、あるいは協力医療機関に連絡し、適切な措置を講ずるものとします。

協力医療機関

医療機関の名称 かみいち総合病院
所在地 富山県中新川郡上市町法音寺51
診療科 内科、外科、整形外科、神経精神科、眼科、皮膚科、泌尿器科 他


9.事故発生時の対応(入所契約書第25条・参照)  

サービス提供中に事故が発生した場合は、ご契約者に対し応急処置、医療機関への搬 送等の措置を講じ、速やかに市町村等関係機関、ご家族等に連絡を行います。また、事 故の状況及び事故に際してとった処置について記録するとともに、その原因を解明し、 再発生を防ぐための対策を講じます。なお、ご契約者に対して賠償すべき事故が発生し た場合は速やかに賠償します。

10.非常災害対策(入所契約書第27条・参照)

・入所中に天災その他の災害が発生した場合、従事職員は入所者の避難等の適切な措置 を講ずるものとします。 ・施設長は日常的に具体的な対処方法、避難経路及び協力機関等との連携方法を確認し、 災害時には避難等の指揮をとります。  
・非常災害に備え、必要に応じ避難救出、毎月避難・救急訓練を行います。   
また非常災害時には、地域の方々にもご協力を頂き、避難・救出を必要に応じて行う ほか、地域の方々の避難場所としての役割もはたします。


11.身体拘束ゼロヘの対応(入所契約書第28条・参照)

高齢者の自由と尊厳を守り、自立した生活を支援するため、介護技術の研鑽と向上に  努めることにより身体拘束は行ないません。   
入所者ご本人、または他の入所者の生命、身体を保護するため、緊急やむを得ない場 合は、「身体拘束廃止委員会」をひらき、担当職員による事前協議をかさねたうえで、ご本人はもとより、家族に対し、身体拘束の内容、目的、理由、拘束の時間と期間を詳細に説明し、ご理解を得た上で行うことにしています。   
その状態観察も適正に記録することにしています。


12.守秘義務(入所契約書第9条・参照)

事業者及び職員は、職務上知り得た契約者又は、その家族等に関する情報を正当な理 由なく第三者に漏洩しません。またその職を退いた後も同様といたします。



13.ご意見・ご要望の受付とサービス改善体制(入所契約書第29条・参照)

当事業所におけるサービス改善体制は、責任主体を明確にするため、施設長を責任者 としています。   
ご意見・ご要望に関する受付担当者は生活相談員・介護長及び介護支援専門員で す。なお、常楽園におけるご意見やご要望・ご相談は常時受け付けています。

 

14.所有物等の引取り(入所契約書第22条・参照)

入所契約が終了した後、常楽園に残されたご契約者の所持品をご契約者自身が引き取 れない場合に備えて、「所有物等引取人」を定めていただきます。   
常楽園は、「所有物等引取人」に連絡のうえ所有物を引き取っていただきます。また、  引き渡しにかかる費用については、ご契約者または「所有物等引取人」にご負担いただ きます。  
※入所契約に「所有物等引取人」が定められない場合であっても、入所契約を締結する ことは可能です。



15.個人情報について  

常楽園は、そのサービス業務上取り扱う個人情報については、サービス業務遂行以外 の利用目的に使用しないものとします。

は空きがありません。

ショートステイ空き情報


は空きがありません。

デイサービス空き情報